人気ブログランキング |

I Saw the Light

techan.exblog.jp ブログトップ

<   2006年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

橋の下

Mステで生レッチリを見て、苗場のグリーンステージを妄想・・・

a0023694_023955.jpg
くるりのBEST盤、迷ったあげく初回盤のレア音源目当てだけに買う。
ジャケ写、よく見ると京都タワーだったのかこれ。
というか、インナーの写真も京都の街並みオンパレードだし。
ああ、これ、あそこやなぁ...とか考えながら、しばし眺めてた。
ライナーには、「くるりの音楽には京都の影が落とす」云々と書いてあって、思わず頷く。
というのも、最初にくるりを聴いた時(ファンデリアだったか)、学生時代を過ごした京都独特の
空気を思い呼び起こされた故。
(京都に住んだ事がある人は、きっと京都独特の空気感っていうのが分かると思う)
同じように、音に触れてこんな気持ちにされる作品としてローザの2nd.があったのだが、
当時のくるりの音はその頃のローザに通じていた。(個人的に)

まあ、時代的にローザが京都で活動してた頃を岸田くんは知らないとは分かっていたが、
岸田くんがどんとさんの事をどう思っているのかが、ずっと気になってた。
2000年どんとさんが他界し、その夏に行われた追悼イベントが野音で行われ、
出演者の1人として岸田くんも登場。
その時点で自分的には心震える状態だったんだけど、弾き語りで「橋の下」を歌い始め、
自分の中で点と点が繋がり、思わず感涙してしまった。
(岸田くんは、それ以降の追悼イベントでも出演する度に「橋の下」を歌ってる。)

余談。
学生時代に自分が所属していたサークルと、くるりが所属していた立命大軽音サークル
(ロックコミューン)とは、学校は違かったけど、交流があって、一緒にライブの企画もした。
当時は、うちらのサークルもロックコミューンもお互いの学校の中では、他軽音サークルの
鼻つまみ者(笑)というか異端児扱いされてた。
その辺が相通じるものがあったのかもしれない。
で、久々にまた京都へ行きたくなった。
去年は仕事の都合で月1回の頻度で行ってたけど、今年はまだ一度も行ってないし。
by techan.t | 2006-07-31 01:20 | music

元編集長の訃報

世間の方々はワクワクしながらフジの準備に取り掛かっている 時分かな。
こちらといえば、昨日は鹿児島・宮崎、今日は仙台へ・・・ (多分、明後日あたりは松山予定)
ってな訳で、今夜の近藤くんソロをまた見逃した。
脇を固めるサポート・メンバーが自分的にはツボなので悔しい。

にしても、東京からは空の便が便利すぎ。
北海道でも沖縄でも有無を言わさず、日帰り出張になってしまう。
マイルだけはどんどんたまっているけど、今のところ使うアテなし。
(いっそ、エゾでも行っとく?)

某所で昔(80年代前半)よく購読した雑誌の元編集長の訃報を知る。
当時はプログレ雑誌の趣きがあったけど、4ADのバンドやノイバウテン、スロッビング・グリスルとかを
知ったのはこの雑誌からだった。 (+阿木譲さんのロックマガジンか)
随分後になって、元編集者の方はバンドを始めたが、その界隈のムーブメントを含めて、
自分としては興味が持てなかった。
まだ40代だったはず。合掌。

-思い出せそうで、思い出せない、今日のアルツ-
80年代初頭のFM東京系列の番組。
週替わりで音楽雑誌の編集長がDJをやって推薦盤を流すという企画の番組。
何だったか・・・
あの番組、阿木さんの回は毎回凄かった。
スロッビング・グリスルやキャバレー・ボルテールからレジデンツまで。
地方じゃ、輸入盤が手に入らない時代に貴重な音源をバンバン流してくれたマニア泣かせな
番組だった。 でも、放送局にはきっとクレームが多かったはず。(笑)
by techan.t | 2006-07-26 01:33 | dairy

159km

a0023694_0282263.jpg
去年に引き続き、長男とオールスター観戦。
試合が始まる頃には何とか雨も上がってた。
毎回、パフォーマンスが期待される新庄だけど、今回のネタは細かかったなあ。(笑)
あんなベルト、どこで特注したのやら。
まあ、千両役者ぶり発揮で守備と打撃でもけっこう目立ってた。
今日一番の見所は最後に出てきた藤川球児とクルーン。
分かちゃいるけど、やっぱ凄かった。
藤川の球、ほとんどがど真ん中ストレートだと思うんだけど、全然打たれる気がしないもんな。
クルーンに至っては、159kmを連発。 軽ーく投げてるように見えるのに。
あと、殿堂入りした元西鉄の豊田氏が欽ちゃん球団の存続を訴えてたっけ。
尾を引く山本問題。
第2戦は明日、宮崎で。
月曜に出張で宮崎に行くんだけどなあ。
(前ノリするか...と、よからぬ事を企んでしまう)a0023694_029524.jpg
by techan.t | 2006-07-22 00:30 | dairy

下北サンデーズ

http://www.tv-asahi.co.jp/shimokita/
今夜からスタート。まあまあ、おもしろかった。
どうもノリがクドカン脚本路線に近い気がしないでもないが。
いきなり、ケラが登場したり。(太ったよね...)
とりあえず、今クールはこのドラマだけフォローしようかな。
このドラマが当たって、下北の再開発問題も再注目されることになるか・・・

クドカンといえば、昼ドラやってる「我輩~」を夜ドラでのリメイクを希望。
主婦だけの楽しみで終わらせるのは惜しい。
というか、ほとんど見れてないので、ちゃんと通しで見たい。

ワンちゃんもだけど、清志郎のニュースはびっくりした。
喉だけに本当に心配・・・
今年は苗場と野音で久々にチャボとの共演も予定されてたんだよねえ。
無事戻ってこれますように。(祈)
by techan.t | 2006-07-14 23:54 | dairy

米ITMSデビュー/デスノート/シドの死

a0023694_0594449.jpg
▽以前の日記で取り上げたLUNAのDVD、やっぱリージョン1仕様だった。
 日本製DVDプレイヤーでは再生不能。とほほ・・・
 とりあえず、PCのDVDドライブを「米国仕様」設定に変更し、通しで一回鑑賞。
 (注.設定変更は数回しかできず、以後はどちらかのリージョンのDVDで固定されてしまう)
 原宿のライブ、カメラを避けていたつもりが、ちらっと映ってた。(汗)
 今更リッピング・ソフトを導入するのも面倒なので、その手の達人な会社の後輩に***を
 依頼する予定。

▽DVDに封入されていたチラシで、LUNAが過去にカヴァーした曲のコンピレーションが
 ネット限定で売られているのを知る。<"Lunafied "
 何と、何と、「Outdoor Miner」が収録されてた。ブッチャーズもカヴァーしたWireの名曲。
 Rhinoのページを読むと、「ITMSでも取り扱ってる」との事。
 LUNA版が収録されたEPは入手困難状態だったので、思わず歓喜。
 が、日本のITMSではなく、取り扱いはアメリカのITMS only。
 てな訳で、米国版のITMSギフトカードをとある楽器屋で仕入れ。
 アリゾナ在住に偽ってサインインして、無事購入。
 しかし、米ITMSの充実ぶりは凄い。
 日本ではラインナップされていなかった80年代懐かしソングを思わず色々とDLしてしまった。

▽何週間前か、子供にお願いされて、デスノートを全巻ネット通販で仕入れたんだけど、
 映画まで製作されるほど、世間では話題になってるとは、全然知らなんだ。
 結局、ヤツは映画も見に行ったのだが・・・
 今、PCのiTunesを立ち上げたら、レッチリの「Dani California」(映画の主題歌)を
 ヤツが自分のipodに落とそうと努力した跡を発見。(笑)

Pink Floyd's Barrett dies aged 60
 精神的に変になって、隠遁して20数年...結局、表舞台に出てこないまま逝ってしまった。
 自分が思春期に出会ったシド・バレットのソロ2枚は、その後の音楽観に大きく影響している。
 ひっそりとでいいから、フロイドのメンバーやボウイら周辺のミュージシャンで追悼ライブでも
 やってあげて欲しい。
by techan.t | 2006-07-13 00:37 | dairy

後味悪し

決勝の舞台での一発退場。
話題の焦点はマテラッツィがジダンにどういう言葉で挑発したのか。
ジダンだって、現役最後の試合という事は十分に意識していたはずだし。
余程の暴言・侮辱だったに違いない。
にしても、FIFAもよくジダンをMVPに選んだなあ。信じられん。
絶対、カンナバーロだと思ってた。
祭が終わって、生活の張り合いがなくなった感じ。
今大会もオランダ優勝の夢は見れなかったけど、とりあえず再来年のユーロでリベンジを。
我が代表の方は、来月早々とオシムのデビュー戦が待ってるけど、若手を一杯呼んでほしい。阿部、今野、長谷部、松井・・・
ある意味、やっと中田の呪縛が解けたわけだし。
by techan.t | 2006-07-11 00:35 | dairy

大江慎也@Loft

去年の野音(MAZRIの祭)以来の大江。
(あの時のジプシーズ飛び入りは、あまりにメタメタだった。)
今回は終始調子良さそう。
横に花田(サンダル履き)と後に池畑のサポートを受け、リラックスムード。
ソロアルバムの曲もライブで聴くとなかなかよい。
ITMSを最近全然チェックしてなかったので、気がつかなかったけど、大江ソロのリミックス版
なんてのを売ってるのね。(何か柏木商法を思い出すが・・・)
アンコール1曲目、プチサプライズな「Go Fuck」。生で聴くのは24年ぶり。(涙)
当時からは、ちょっとアレンジが変わってた。
「King Bee」では葉巻をくわえながら、ギターをかきむしる...
今の大江にはしゃかりきなR&Rよりもこの手のR&Bの方が合ってる。
夏はフジにエゾにと精力的に参加するみたいだけど、もうちょっとペースダウンして、
やりたい事をやりたい時にやってくれれば、こちらは満足。
by techan.t | 2006-07-08 00:33 | music
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite