人気ブログランキング |

I Saw the Light

techan.exblog.jp ブログトップ

<   2007年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Passenger

a0023694_0292785.jpg

CLASHやSHAM69がCMで流れる時代だし、Iggy爺さんの歌声がTVCFで
流れても全然おかしくない時代といえばそれまでだけど、やっぱ思わず反応しちゃうよな。
ブラピ+「Passenger」(ソフトバンクのやつ)
そういや、「ワイルドサイドを歩け」も何かのCMで以前使われてたっけな?
関係ないけど、久々に新日本プロレスのジュニアヘビーの試合を観てたら 、Doorsの
「Break On Through」が入場テーマ曲に使われていてビックリした。

子供のリクエストで久々にカラオケに行ってきた。
曲のバリエーションは益々凄い事になってるね。
NUMBER GIRLとか10曲以上入ってるし。サンハウスまであるのはビビった。
うちのガキはラルクだのを歌いまくってたけど、こっちは渋くクレイジー・ケン・バンドを。
by techan.t | 2007-10-22 00:28 | dairy

Rust Never Sleeps

a0023694_23432225.jpg
--------------------------------------------------------------
黄金の洋楽ライブ ニール・ヤング
BS2 10月13日(土) 午後11:30~1:00
アメリカを代表するシンガーソングライター、ニール・ヤングが登場。ニール・ヤングは、1946年カナダ・トロント生まれ。66年にロサンゼルスに移り、スティーヴ・スティルスらとバッファロー・スプリングフィールドを結成するが68年に解散し、翌年ソロ・デビュー。一方で、68年夏にCS&N(クロスビー、スティルス&ナッシュ)に参加するも、71年には脱退。72年発表のアルバム『ハーヴェスト』でその人気を揺るぎないものにした。その後も意欲的な作品を次々と発表し、1995年にはロックの殿堂入りを果たしたが、現在もなお現役で活動を続けている。
今回は、1978年10月22日、サンフランシスコ・カウパレスで行われたコンサートの映像をたっぷりとお届けする。
【曲名】Sugar Mountain / I Am A Child / Comes A Time / After The Goldrush / Thrasher / My My, Hey Hey (Out Of The Blue) /ほか
--------------------------------------------------------------
by techan.t | 2007-10-13 22:45 | dairy

地獄極楽100点満点

a0023694_23465391.jpg
博多の吟遊詩人、山本研二のソロ2作をやっと入手。
ライナーによると、ライカスパイダー後、単身大学留学のためニューヨークへ渡ったり、
マーケティング・リサーチ勉強(?)で上海へ行ったり、しばらく音楽活動から遠ざかっていた
らしいけど、ピカソの言葉(「金を取ろう、金を取ろうという精神が最高の芸術を産む」)を
実践すべく、このソロ(「皇帝山本研二」)を作ったらしい。
全7曲弾き語り。(うちインスト1曲)
年月がそうさせたのか、海外渡航がそうさせたのか、はたまたなるべくしてこうなったのか、
吟遊詩人というより仙人の境地に達してる。
「ツケ・6割がた支払い済み」とか「地獄極楽100点満点」では、自省的な歌詞(相当重たい状況)
を淡々と魂が抜けてた風に歌ってる。 境界線を越えてるなあ...
音だけでいうと「やぁ!」とかの、ブギーっぽい曲(でも奇妙)が、やっぱ聴きやすい。
ライカ時代はルー・リードだったけど、全体に漂う雰囲気はシド・バレットのソロに近い感じ。

もう1枚はどういう経緯で出されたか分からないけど、ライブ録音っぽい。
ドラムも入っていて、こっちはけっこうギターをかき鳴らしてる。
「皇帝」よりは、現実の世界に戻ってきている音だった。
中ジャケの写真は、ちょっと昔の陽水みたい。(笑)

このソロを聴いたがために、mo'some新譜に手を付けられず。
ライカスパイダーを引っ張り出して繰り返し聴き。
mo'someといえば、こないだのAXで久々に「アナベル・リー」を期待してたんだけど...ね。
by techan.t | 2007-10-08 23:46 | music

還暦ロック

a0023694_0465810.jpg柴山“菊”俊之ドキュメンタリー番組
「還暦ロック~極め付けのロックスターになりたい」
:制作TNC テレビ西日本

Zi:LiE-YAのツアーをベースに地元関係者らの声を交えながら、キクの半生を追いかけた
50分のTV番組。
いやはや濃い内容だった。
自宅、リハ風景、ツアー風景・・・
キース(サンハウスの前にやってたバンド)時代のギターのおじさん(頭はすでに薄い)が
登場したり、その人の店で飲んでいたキクの小学校同級生のオヤジさんは単に酔っ払い
だったり。(笑)
篠山さんはちょっと老けたなあ...とか、山善氏は相変わらずで全然変わってなかったりと。
でも、一番衝撃だったのが、木工作家というコメント入りで紹介され、懸命に木を削っている姿
が映された元ロッカーズの鶴川氏。
18へぇ~、くらい。
パワーハウスがあったビルがまだ残ってた事もびっくり。
にしても、キクは還暦迎えたにもかかわらず、すごく体調よさそう。
声もよく出てるし。

さてと、11/18@ロゴス。チケットは入手済。
by techan.t | 2007-10-02 00:45 | music
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite